てんさい糖

てんさい糖

 

健康の観点からするとあまり良いとはされていない砂糖ですが、砂糖にもいろいろな種類があります。

 

基本的に砂糖といって思い浮かぶのは白砂糖と呼ばれる白い砂糖です。

 

しかし、スーパーなどでは、きび砂糖や黒砂糖、てんさい糖などの砂糖も見かけます。

 

実際にこれらの砂糖がどう違うのか、きんと理解している人は少ないかと思います。

 

基本的に、砂糖はさとうきびを原料としています。

 

白砂糖、きび砂糖、黒砂糖などは全てさとうきびが原料です。

 

しかしその中でも「てんさい糖」だけは甜菜と呼ばれる大根に似た物原料となっています。

 

さとうきびが原料の砂糖と砂糖大根が原料の砂糖とでは健康にかなりの違いがあり、さとうきびが原料の場合、消化吸収が早い代わりに、消耗も激しく、血糖値が上下し、低血糖症が起こる可能性が高くなります。

 

甜菜が原料の場合、ゆっくりと消化され、血糖値の上下があまりなく、吸収に時間がかかる分、長い間糖分が持ちます。
また、体内のビフィズス菌を増やすことでおなかに優しい効果や、寒冷地で取れるてんさいには体を温める効果があるなど、体に良い砂糖と言われています。

 

てんさい糖の味

 

味の違いはてんさい糖は少しさらっとした感じで上品な甘さです。

 

白砂糖は甘味が強いので料理などではこちらが使われることが多いですね。

 

てんさい糖は白砂糖などと比べると、倍以上値段が高いのであまり使わないことも多いですが、体に良い砂糖なので、何を作るかなどで使い分けてはどうでしょうか?

てんさい糖 | 美容ドリンクランキング記事一覧

てんさい糖の効果 | 美容ドリンクランキング

てんさい糖の効果てんさい糖はさとうきびなどから採れる砂糖と違い甜菜という大根から絞り出した砂糖です。このてんさいと糖は体に良い砂糖として知られていて、体内のビフィズス菌を増やすことや、体を温める効果があることで知られています。また、他の糖と違い、ゆっくりと吸収されるので、血糖値の上下も少ないので、低...

≫続きを読む