ローヤルゼリー 種類

ローヤルゼリーの種類

 

日本では、ローヤルゼリーは3つの種類に分けられます。

 

生ローヤルゼリー

王台から72時間以内に採取し、それを瓶詰めにしたものです。

 

特に加工などもしていないので、鮮度がかなり高く、栄養素がかなり高いのが特徴です。

 

しかし、劣化しやすいという欠点があります。

 

なので、製品として販売しようとすると管理が大変なのが難点です。

 

乾燥ローヤルゼリー

 

生ローヤルゼリーを何らかの方法で乾燥させるなどして、粉末状にしたものです。

 

これにより保存ができるようになります。

 

しかし、熱を加えるなどをしてしまうと栄養素が破壊されてしまいます。

 

なので、冷凍したロイヤルゼリーを真空状態に置くことで、火を使わずに水分を蒸発させる製法が一般的なようです。

 

調整ローヤルゼリー

 

生ローヤルゼリーや乾燥ローヤルゼリーに蜂蜜や添加物などを加えて作ったも物です。

 

そのため100%ローヤルゼリーではありませんが、全重量の6分の1は生ローヤルゼリーであるという規定があります。

 

加えるものには、卵殻カルシウムなど、ローヤルゼリーの効果にプラスアルファで効果が出るものが多いです。

 

ローヤルゼリーが含まれている美容ドリンク