コラーゲン 働き

コラーゲンの作用は?

 

コラーゲンの効果を知るために、まずコラーゲンの作用をしっかり知っておく必要があります。

 

まず、コラーゲンを口から取り入れた場合、吸収されるためにはアミノ酸に分解される必要があります。

 

なので、コラーゲンを口から取り入れてもコラーゲンそのものが増えるというわけではありません。

 

だからといって全く効果が無いのかというわけではありません

 

吸収されるためにバラバラにされたコラーゲンの中には、「ヒドロキシプロリン」といわれるコラーゲンを作るのに必要な成分が含まれています。

 

このヒドロキシプロリンは天然ではコラーゲン以外にはないので、コラーゲンを摂取するしかありません。

 

つまり、コラーゲンを取ることで、コラーゲンを作るのに必要な成分を取ることが出来るというわけです。

 

しかし、食事で得ることの出来るコラーゲンは基本的に高分子コラーゲンペプチドというものなので、いくら量を取り続けてもあまり効果がありません。

 

これがコラーゲンを摂取しても効果が無いと言われる理由だと思われます。

 

効果のあるコラーゲンは低分子コラーゲンペプチドというもので、基本的にコラーゲン商品はこれをつかっています。

 

また、コラーゲンを体内生成するのにヒドロキシルカというもので合成されるのですが、これにビタミンCを必要とします。

 

なので、コラーゲンドリンクにはビタミンCが含まれていることも多いですね。

 

他にもコラーゲンドリンク等にはコラーゲンを効果的に作用させるためのものを一緒に取れるものが多いので、それによってコラーゲンが生きるわけです。

 

豚由来ナノコラーゲンを含む美容ドリンク

 

フカヒレのコラーゲンを使った美容ドリンク

 

低分子マリンコラーゲンを含む美容ドリンク

 

コラーゲン・コラーゲンペプチドを含む美容ドリンク